プロの電動工具で有名なマキタから販売されているコードレス掃除機は、通販生活などでも人気の掃除機なのです。

マキタのコードレス掃除機のタイプ

マキタが取り扱っているコードレス掃除機(ハンディクリーナー)のタイプは、集塵方式が紙パック式・カプセル式の2つに分けられています。集塵方式・・・つまり吸い込んだゴミ・埃などをどこに溜めておくか・・・ということですね。

紙パック式というのは、吸い込んだゴミ・埃を、掃除機本体の内部にセットされている紙パックに集める方法です。従来の、一般的な家庭用掃除機は、ほとんどこの紙パック式が採用されていました。掃除機の吸い込み口から吸い込んだ空気が、紙パックを通過して排気されるようになっているのですが、ちょうど紙パックがフィルターの役割を果たしており、ゴミ・埃はその紙パックの中に留まるようになっているんですね。

ですから、掃除機から排気される空気には、基本的にはゴミ・埃は混ざっていません。紙パック式の構造上、密閉性がとても高く、そして吸引力が強力であること。そして、紙パックをそのまま捨てれば良いだけなので、吸い込んだゴミ・埃を直接触ることなく処理できて衛生的である・・・という点がメリットして挙げられています。ただ、掃除機の内部にセットされた紙パックの中に、ゴミ・埃が溜まれば溜まるほど、吸引力は落ちてしまいますので、紙パックにゴミ・埃が満杯になっていなくても、紙パックは定期的に交換する必要があります(別に交換しなくても使うことができますが、吸引力が落ちてしまうのです)。更に、紙パックに集められたゴミ・埃の中を空気が通過して排気されるため、どうしてもゴミ・埃などの臭いや、微細塵が気になってしまうのも事実です。紙パックを定期的に交換しなければならないので、ランニングコストもかかってきますしね。そう頻繁に交換しない場合、ずっと紙パックにゴミ・埃が溜まっているわけですから、その臭いなども気になってしまいます。ハンディクリーナーであれば尚更ですよね。ただ、昔と比べると、最近の紙パック式の掃除機は高機能となっていますし、更に紙パックそのものの質が向上していますので、いわゆる紙パック式のデメリットのうち、ランニングコストがかかる・・・という点以外は、かなり改善されてきています(もちろん人によっては、それでも気になる方はいらっしゃるでしょうけどね)。